コメントする

homest: 以前に開発された空気を入れないタイヤの欠点は、転がり抵抗が増すことだった。つまり、普通の自転車タイヤに比べてこぐのに力が必要になる。 ブリヂストン が開発した新タイヤは、スポークの形状と高機能樹脂によってタイヤの変形を極力少なくしているため、空気入りのタイヤと同じ転がり抵抗はほぼ同じとのこと。同じ力でこげるというのはうれしい。 (ブリヂストンが空気入れ不要のタイヤを開発 2019年の販売開始が目標 – ライブドアニュースから)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。