コメントする

biblio-solomon: 日本の本は面白い?ソロモンの学校に本を届けた話。 「あなたの本を、ソロモンの図書室に置きませんか?」 そんな呼びかけをFacebookでしたところ、たくさんの本が僕の手元に届きました。 世界的名作から日本文学、写真集にドラえもんまで、届いた英語の本は合計71冊。 これは「世界の笑顔のために」というプログラムを使ったもの。 日本で募った無償中古品をJICAがまとめて現地に送り、僕たちJICAボランティアが橋渡し役として要望のある団体に届ける、という楽しい企画です。 届ける先は、生徒数が多いわりに蔵書が全然ない、2つの小学校。 今日はそのうちの1つ、ググハに向かいます。 「先週別のトラックがこの道で横転したんだぜ。危ないよな」 運転手さんの冴えわたるトークを聞きながら、肛門を引き締めて学校へ。 せっかく無事に着いたので、まずはビブリオバトル。 もともと学校に会った本を使ったけど、子どもたちの反応は上々! チャンプにはジャパニーズ・ソウルの手裏剣をプレゼント。 (なぜかニンジャのことはみんな知ってる) 校長に「読書推進のためにビブリオバトルさせてほしい」とお願いしたら、まさかの4学年連続開催でした。 先生って大変だ…。 (生徒を見に来ない担任もいて、この人ただ授業サボっただけじゃないか?って思ったりもしたけど) さあ満を持して、日本から来た本をプレゼント! 森に隠れている動物はどこ? 見た目のインパクトがすごい本も多く、子どもたちの驚きの表情がたまりません。 図書室に置いてもらうから、次はこの本でビブリオバトルしてみてね。 子どもたちに喜んでもらえた嬉しさで、うきうきと家路に。 「ん?このフロントガラスどうしたの?」 「ああこれか。先週横転してなぁ…」 このトラックだったのかよ! 肛門が再び引き締まりました。 ググハに届け終わり、本を送るもう一つの学校(ヴィセナ)には、校長が職場に来た時に手渡ししました。 僕のお願いに応えて頂き、ご自身の本を送る手続きをして頂いた皆さま、なんとか無事ソロモンの図書室に届けることができました。 もちろん読書習慣の問題は本があるだけで解決するものではありませんが、きっと、子どもたちの読書への興味をかき立てるきっかけになると思います。 本当にありがとうございました!!! (正式なお礼状は、後日JICAを通し送らせて頂きます) おまけ 昨年受賞した、Bibliobattle of the Year 2016 大賞の表彰状と盾を送って頂きました! ありがとうございます!! 盾が思ってたよりだいぶ重たい! 中津壮人さん(MERGETECTS)による一点ものだそうです。 実際に手で触ってみるとものすごく感動しました。 そして子どもたちが僕以上にはしゃいでました。 おわり☆ (追記) ググハ小学校で行ったビブリオバトルを、ソロモン紙 “Solomon Star” に載せてもらえました(3/31付)! 広告枠以外、1ページをすべてビブリオバトルで埋めるという、日本ではなかなかない大胆な記事割りです。 これは、この日他にニュースがなかったビブリオバトルの注目度が増しているに違いありません! 記事の日本語訳は以下。 「読書ゲームが学びを後押し」 先週の水曜(3/22)、イザベル州ググハ小学校の生徒たちが、”ビブリオバトル” と呼ばれる読書プログラムの舞台に立った。 推進者は、イザベル州教育局のJICAボランティア、ヒロフミ マスイだ。 ビブリオバトルはシンプルな書評ゲーム。何人かのプレーヤーがお気に入りの本について5分間話し、勝者が投票によって決められる。 読書やスピーチや議論の練習になることから、日本では多くの学校がビブリオバトルを導入している。 この日はググハ小学校の3~6年生の4つのクラスでビブリオバトルが行われ、生徒たちは興味津々に参加していた。 ヒロフミは「識字能力は教育の基礎。ソロモンのすべてのクラスでビブリオバトルを導入してもらいたい」と語る。 より詳しい情報はヒロフミマスイの連絡先まで~ホニャホニャ (訳:ますい) あなたにとって読書とは? “What’s Your Reading?” プロジェクト募集中! // {Permalink}{block:Title}{Title}{/block:Title} 青年海外協力隊ブログランキングはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。